【評価★2.5】Bankera – Banking

Bankera とは

ブロックチェーン銀行。Spectrocoin という取引所・ウォレットおよびクレジットカードでの仮想通貨取り扱いサービス。取引所での売上の20%が、トークン保有額割合に応じてトークン保有者に分配。

単位はBNK

Bankera is building a digital bank to last for the blockchain era.

ホワイトペーパー:https://bankera.com/papers/Bankera_whitepaper.pdf

トークンセール期間

2017-11-27 〜 2018-02-28

Bankeraの総合評価 2.5

プロジェクトのビジョンは共感できるが、課題の深堀は不足。メンバーは話題性はあるが本来の目的のためにはやや不足。話題性が高く、ICO後の値上がりは期待できるが、銀行という本来の目標に向けては、実現性に疑問

プロジェクト評価:中
・仮想通貨取引所Spectrocoinやウォレットから開始
・その後、デビットカードやローン、預金などの銀行サービスを提供予定(詳細は未定)
→銀行としてのサービスが実現したら意義があるが、実現できる計画およびメンバーはいない
・取引所とウォレットはすでに提供済
・トークン保有者への配当も開始済。10ETH保有で、0.0015ETHの配当。年率5%程度

メンバー評価:中
・暗号通貨業界の経験が多いメンバー
・NEO財団のトップのLon Wongをはじめとするアドバイザー
・暗号通貨業界には強いが、中心であるビジョンである銀行を実現するために、銀行経験者は不在?

調達評価:低
・調達目標金額は200億円以上の1.77憶ユーロ。
・集めた大金の使い道が不明。
・調達金額の利用用途と今後の展開可能性については粗い
・調達期間がながなが過ぎ、広告も多すぎる

話題性評価:高
・2月12日時点ですでに0.7憶ユーロを調達済
・取引所プロジェクトのため、ICO後の上場は確実のため、多くの投資家を集めている

Follow me!

【評価★2.5】Bankera – Banking” に対して 4 件のコメントがあります

  1. BANKERA 自分も少額参加したので頑張ってもらいたいですねー。
    だけどICO期間長すぎです。。
    ETH配当は魅力ですけどね!
    いかにも日本人受けしそうな案件ですよね。

    1. tokentalk より:

      BANKERAはICO期間が長いですね。
      配当型トークンは、先進国ではほとんど有価証券扱いになる(許認可が下りた事業者しかできず、ICOとしてはやってはならない)ので、今後は難しくなりますね。

  2. とみます より:

    私もpresaleから参加っ。
    値崩れ起きそうですよね…
    そんな時は買い増しです( ゚Д゚)/

    1. tokentalk より:

      値崩れが起きるときに買い増し、というのは、そのプロジェクトを信じているので、投資戦略ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です