第二のCryptokitties!Bitpetに先行投資!登録からキャラクター購入、販売まで

Bitpetは、2018年版Cryptokitties!

Cryptokittiesは、ICOってこういうことだよね?というトークンエコノミーのお手本を世の中に示したゲームとして、2017年に大ブレークしました。(実際にホワイトペーパーを読むと、目的がそのように書いています。)

2017年時点でCryptokittiesの総取引額は7億円に達し、1匹の猫が1000万円で取引されることもありました。一時期、ETHネットワークのスピードの遅延に影響を与えたほどのインパクトです。

そのCryptokittiesに追いつき、追い越す人気になりそうなのが、本日ご紹介するBitpetです!

Bitpet

Bitpetの仕組み

通常の仮想通貨では、BTCやETH自体が1つのトークンとなるのですが、BitPetは、各キャラクターがトークンとして構成されています。そのため、BitPetでのキャラクターそれぞれに対して、需要と供給で、価格が設定されます。

BitPEtでは、キャラクターを購入するところから始まり、ゲームに参加したり、配合することで育っていきます。そして育ったキャラクターは、販売所で販売することができます。

レアなキャラクター、能力の高いキャラクターの数には制限があるので、参加者(購入希望者)が増えれば増えるほど、価格が上がっていく仕組みになります。

Cryptokittiesでも同じ状況になったように、BitPetでも先行者利益があげられます。ゲームとしても楽しみながら、トークンエコノミーの学習も兼ねてやってみましょう!

私もETHを入れて早速買ってみました!

 

Bitpetの登録からキャラクターの購入、販売まで

1.以下のURLから会員登録をします。

Bitpetの公式サイト

2.右上のアカウント名→「ETHウォレット管理」ボタンを押すと、ウォレットアドレスが表示されます。
こちらにETHを送金します。ETHが送金されると自動的に1ETH=1POPに変換されます。

 

3.bitpetでのキャラクターの買い方は、まず右側のメニューから、「Event」をクリックします。

 

4.Eventページでは、左側がオークションでの購入。右側は、Randomでの購入です。現時点は、0.012ETHでRandomでもらえます。Shuffleを押すと、0.003ETHで箱をシャッフルすることができます。
(事前登録していたので、1枚もらえています)

 

 

私も早速3体のキャラクターを購入してみました。そして、そのうちの2体を合成してもう1体を生成中。

 

4.作成したキャラクターは、マーケットプレイスでの販売ができます。

既にたくさんオークションで取引がされているみたいです。

 

Bitpetまとめ

いかがでしたでしょうか??

ゲームにトークンという需要と供給によって価格が変動する要因を加えたBitPet。楽しみながら、ブロックチェーンによるトークンエコノミーを学べる良い教材です。

ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

Bitpetをはじめてみる

Follow me!

第二のCryptokitties!Bitpetに先行投資!登録からキャラクター購入、販売まで” に対して 2 件のコメントがあります

  1. とみます より:

    ぬおっ、こんなものが…
    第2のクリプトキティ分かりやすい。
    最近のペットブームについていけない…( ゚Д゚)w

  2. タクコロ より:

    楽しそうですね。合成して販売ての面白そう。
    勉強したいので、登録してみますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です