FCoin張健  ナカモトサトシの当初の理念を「取引マイニング」で実現

Fcoin ファウンダーの張健 インタビュー記事日本語翻訳

元記事はこちら

まず、Nakamoto Satoshiに感謝をしたい。
彼がいなければ、何も産まれなかった。
Bitcoinは、新しい歴史の一ページを創造した

ビットコインの当初の狙いは、「P2Pの現金支払い手段」。しかし現在、ビットコインは当初の狙いから離れて、1つの「投資資産」となった。
ビットコインが採用したPoWは、完璧ではない。一番大きな問題は運営者と利用者が利益不一致となる問題がある。また、バランスを欠いているために、運営者(マイナー)に権力が集中してしまう。新たに誕生したPOSもこの問題は解決せず、むしろさらに良くない

そこで、私は、トークンエコノミーを用いて、デジタルアセットにおけるペイメントツールと投資資産の間の関係を整理し、ナカモトサトシのビットコインの理想を実現したい

まずは、ペイメントツールのコインと、投資ツールであるトークンを分けて考え板。
本文中の「コイン」は、現実世界の現金に相当する社会における決済手段である。本文中の「トークン」は、経済的なインセンティブを与えるトークンを指し、現実性の証券や株に相当して、所有者の権益を意味する。

FCoinは、PoWアルゴリズムとして、マイニングによってコインを得る方法を採用している
次に、「取引がマイニングとなる」アルゴリズムを使っている。すべてのコインの取引の手数料は、トークンの保有量に応じてトークン保有者に分配される

PoWアルゴリズムと取引マイニングの仕組みによって、1つのコミュニティ内でコインとトークンを発行し、サービス利用者、運営者と保有者の利益を一致させられる。
PoWは利益循環モデルを実現し、取引マイニングは、利益分配モデルを持ち、これらを合わせることで、生態系のバランスをとることができる。

コインがマイニングされ終わったらどうするか?という問題を出す人がいるが、ETHのように毎年固定量を新規発行することもできる
また、トークンの発行量を固定して、マイニングができる。
FCoin Fundの責任者として、1000万ドルの資金を、同じ方向性を持つチームを応援したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です